企業グループとは、「会社」+「子会社」+「関連会社」です。

企業グループとは

上場審査は、上場申請した会社だけではなく、企業グループが審査対象になります。

有価証券上場規程(東京証券取引所)第207条

(上場審査)
本則市場への新規上場申請が行われた株券等の上場審査は、新規上場申請者及びその企業グループに関する次の各号に掲げる事項について行うものとする。(後略)

つまり上場申請会社が抜群な評価を得たとしても、企業グループの末端企業がダメダメだったら、上場審査をクリアできない可能性が出てくるということです。

そこで「企業グループ」って具体的に何?ということを理解する必要があります。

一般的に有名な企業グループは、住友グループや三菱グループなどの旧財閥系のグループや、日立グループやNTTグループなどの大企業グループを想像すると思います。

このような企業グループの定義はまちまちであり、例えば日立製作所が「この会社は日立グループの会社だ」と決断すれば、日立グループ入りできるということです。

しかし、証券取引所の企業グループの定義は、有価証券上場規程第1条(26)にて、定義化されています。

有価証券上場規程(東京証券取引所)第2条

(定義)
この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(25) 関連会社 財務諸表等規則第8条第5項に規定する関連会社をいう。

(26) 企業グループ 会社並びにその子会社及び関連会社をいう。

(36) 子会社 財務諸表等規則第8条第3項に規定する子会社をいう。

企業グループの子会社とは

子会社は、財務諸表等規則第8条第3項に規定する子会社をいいます。

「財務諸表等規則」とは正確にいいますと「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」といいます。

財務諸表等規則第8条第3項

この規則において「親会社」とは、他の会社等の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他これに準ずる機関をいう。以下「意思決定機関」という。)を支配している会社等をいい、「子会社」とは、当該他の会社等をいう。親会社及び子会社又は子会社が、他の会社等の意思決定機関を支配している場合における当該他の会社等も、その親会社の子会社とみなす。

子会社については、↓の記事でさらにくわしく説明しています。

【超重要!】親会社・子会社【IPO用語】

企業グループの関連会社とは

関連会社は、財務諸表等規則第8条第5項に規定する関連会社をいいます。

「財務諸表等規則」とは正確にいいますと「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」といいます。

財務諸表等規則第8条第5項

この規則において「関連会社」とは、会社等及び当該会社等の子会社が、出資、人事、資金、技術、取引等の関係を通じて、子会社以外の他の会社等の財務及び営業又は事業の方針の決定に対して重要な影響を与えることができる場合における当該子会社以外の他の会社等をいう。

関連会社については↓の記事でさらにくわしく説明しています。

【超重要!】関連会社・その他の関係会社【プロも間違えるIPO用語】