所属する市場を移動、変更することです。

マザーズやジャスダックへIPOを達成すると、主幹事証券会社の営業担当者が判で押したように「市場変更を目指しましょう」という提案が来ます。

「ステップアップ」とも呼んでいる会社もあるようですが、東証では次のような呼び方として定義しています。

市場変更

図 一部指定、市場変更、指定替えのイメージ(出所:東京証券取引所のホームページより)

東証1部への一部指定または市場変更基準

東証1部へ上場する場合の形式要件は、このようになっています。
直接1部へ新規上場 2部から1部へ マザーズから1部へ ジャスダックから1部へ
株主数 2,200人以上
流通株式数 20,000単位以上
流通株式時価総額 10億円以上 20億円以上 時価総額:10億円以上
or
売買高:20億円以上
10億円以上
流通株式数(比率) 35%以上
売買高 月200単位以上
時価総額 250億円以上 40億円以上 250億円以上
or
40億円以上
250億円以上
連結純資産 10億円以上
利益or時価総額 最近2年間の利益の総額が5億円以上 or 時価総額が500億円以上

一部指定・市場変更の待期期間

新規上場申請の直前期と一部指定または市場変更申請の直前期は、別々の年度でなければならないという規則があります。
一部指定・市場変更に係る待機期間
図 一部指定、市場変更のイメージ(出所:東京証券取引所のホームページより)

一部指定、市場変更の審査

一部指定・市場変更の実質的な審査は、新規上場時の審査とほぼ同じです。
IPO時から企業規模等の変化に応じて、どのような体制整備をしてきたのかを説明できるようにしなければいけない点です。
またIPOからの経過年数が3年未満であり、かつ一部指定及び市場変更対象会社の上場以降の組織体制や事業内容等に大きな変化がない会社は、審査機関が2ヶ月程度で済むと言われています。