IPOAtoZは、IPOを目指す会社を対象として、無料でストックオプション導入のサポートをしています。

IPOAtoZの強みは、無料サポートだけではありません。

日本企業の時価総額トップ50位中5社もストックオプションをはじめとするインセンティブプランのサポートをした実績を持つ者が担当させていただきます(※ この記事記載時点での時価総額です)。

ストックオプションは、法務面や会計面、税務面だけではなく、IPO審査面での配慮が必要になります。大手証券会社で公開引受部門でIPOの支援経験がある者が担当させていただきます。

IPOAtoZでは、IPOを達成した会社のストックオプションに関する過去事例を蓄積しております。IPOAtoZは、過去事例の把握に基づいたアドバイスを行うことができるのが強みです。

ストックオプションの用語解説

ストックオプションに初めて携わる人がよく間違いやすい用語を中心に紹介しています。

ストックオプション・新株予約権 ストックオプションを初めて知る方は、ストックオプションと新株予約権を混同する方がほとんどです。ここでは、ストックオプションと新株予約権の違いについて紹介します。
新株予約権・新株引受権・株式引受権 新株予約権とよく似た用語として、新株引受権と株式引受権があります。これらの違いについて紹介しています。
税制適格ストックオプション ストックオプションには、いろいろな種類が存在します。その中でIPOを目指す会社のほとんどは、「税制適格ストックオプション」を採用します。ここでは、税制適格ストックオプションについて紹介します。

ストックオプションの導入実務

ストックオプションを導入するにあたって、どのような実務が発生するのか、またはどのような考えが必要になるのかという内容を中心に紹介しています。

ストックオプションの導入目的 ストックオプションの導入目的を整理して明確にすると、準備がスンナリ進みます。ここではストックオプションの導入目的や導入目的ごとの対応事例などについて簡単に説明させていただきます。
スケジュールを作りましょう! ストックオプションを導入するにあたって、どのようなスケジュールになるのかを事例を通じて説明しています。
ストックオプションを発行する際の株価算定をわかりやすく解説 「ストックオプションを発行するときに株価算定しなければいけない理由」「ストックオプションの税務」「ストックオプションの会計」「株価の算定方法」「株価算定における実務上の論点」「IPOを達成した会社が採用した株価算定方法とは」について説明しています。

ストックオプションの分析

ストックオプションを発行する際、いろいろな事を決定しなければいけませんが、その決定をするにおきまして、参考となる内容をまとめています。

権利行使条件一覧 ストックオプションを発行する際、権利行使条件について検討します。 ストックオプションの権利行使条件は、どのようなものがあるのかを紹介します。
ストックオプション割当対象者ランキング IPOを達成した会社は、どのような属性の人にストックオプションを割当てしたのかをランキング形式で紹介します。
ストックオプションを発行時の株価算定方式ランキング ストックオプションを発行する際、株価算定が必要になります。株価の算定方式は様々ありますが、IPOを達成した会社がどのような株価算定方法を使ったのかをまとめました。